読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryoji Suzuki の はてブ 日記

Hatena, Google+, twitter, facebook, ブックマークとか、recommend 記事の エピソードを書いてみたい。そんなこと、ボクに書けるかな? どうだろ? やってみよう♪

ホームページランキング - JRANK

【ホームページランキング - JRANK】

 

普段はあまり目に留まらないのだけど、

今日はたまたま気になったので。

f:id:ryojisuzuki:20120303144641p:plain

 

▼トップページ

f:id:ryojisuzuki:20120303145436p:plain

 

▼登録フォーム

f:id:ryojisuzuki:20120303145722p:plain

 

・・・ん。なになに?

 

※バナーはこちらで作成できます

スクリーンショットはこちらで作成できます

 

なるほど!

自作できるんだ。

提供ベースではなくて、セルフサービスなのですね!

ボクは知らなかった。

知ってるヒトは知っていますね、きっと。

 

f:id:ryojisuzuki:20120303145937p:plain

スクリーンショットの自動作成ができる。

 

f:id:ryojisuzuki:20120303150022p:plain

▲各種バナー・アイコンなども作成可能。

 

ふーん。

すごく工夫しているんだなぁ。

 

▼ゲームランキングのページ

f:id:ryojisuzuki:20120303150335p:plain

これでやっと、

この画像にある、

空欄の、

「画像を作成しよう」「NO  banner」

の意味が理解できました。

 

▼モバイルページランキング

f:id:ryojisuzuki:20120303150714p:plain

 

カテゴリにあった、

携帯サイト専用ランキング と、

サイトのリンク先の バナー工房 さん、

こちらはリンクをつけておきます。

 

バナー工房さんのサイトは2006の年号が記してあったので、

老舗ですね、きっと。

 

コンセプトのある展開のようです。

でもなかなかそこまで

入り込んで来るヒトがいないのか、はたまた大勢いるのか、

そういうことも想定内であるか、は、ボクには判断することはできませんでした。

 

デザイン:

インパクトのある、

それでいて目にきつくない配色や構図は、

このプロジェクトを担当されたデザイナーの方々が、

とても誠実な方達なんだろうな、

純粋にそう感じました。

サイトの構成もすごくシンプルなところまで

削ぎ落としてあって、

そこにもコンセプトが介していることが想像できました。

 

 

Ryoij Suzuki